体毛と薄毛

MENU

体毛が濃い人は男性ホルモンが多い

薄毛男性の体毛(すね毛)

体毛が濃い人が薄毛になるといううわさがありますが、男性ホルモンが薄毛に関わっていることから関連性がもたれるのでしょう。
ここか2つの関連性について説明してゆきます。

 

薄毛のメカニズムについて説明すると、そこに第一段階として抜け毛が関わっており、通常人は髪が生え変わるのに新生毛が生えるとそこから4年から6年間髪が伸び続けるのが正常なヘアサイクルですが、毛乳頭から発毛する髪が細くなると抜けやすく、太く成長する前に抜け落ち、次第にヘアサイクルの期間を短くします。

 

薄毛を進行させる原因として男性ホルモンが関わっており、男性ホルモンの分泌自体は問題ないのですが、男性ホルモンであるテストステロンに還元酵素である5αリダクターゼが結びつくことで毛穴でそれが増殖すると髪の成長の妨げとなり、徐々に髪を細く弱らせます。

 

テストステロンの役割は、筋肉を付け、男性的な体を作り上げるほか、精液の生成や髪や体毛を成長させる役割など様々です。
テストステロン分泌は髭や胸毛などを濃くし、髪をも太くするものですので、男性ホルモン自体が薄毛と直結しているわけではなく、そこに還元酵素である5αリダクターゼが結びつくことで、ジヒドロテストステロンという物質となることで抜け毛が進み、薄毛へと導きます。

 

このことから5αリダクターゼという還元酵素が発毛の妨げとなることが分かります。
近年多く販売される育毛剤は、テストステロンが還元酵素である5αリダクターゼという物質と結びつくことをブロックするための成分が配合され、発毛を促すもので、AGA治療では、血管拡張剤などにより強制的に髪生やす環境をつくるなどの方法で、髪へ発毛シグナルを促すものです。

 

ただ、育毛剤はエビデンスに関して乏しい側面があり、発毛治療には副作用の懸念が否めないという問題があります。
結論を言えば、体毛と薄毛の直接の関連性はありません