薄毛とシャンプー

MENU

洗いすぎると髪に悪い影響があります

シャンプーする薄毛男性

薄毛を治す方法として、まずはシャンプーのやり方を変えるといいと言われています。

 

ですが方法を間違えると、さらにさらに髪が薄くなるかもしれません。

 

シャンプー自体が薄毛の原因になってしまうこともあるのです。

 

頭皮の汚れや皮脂をしっかりと落とすのが良いとされています。

 

それは正しいことですが、それも限度があります。

 

朝夕、運動の後と事あるごとにシャワーを浴び、洗髪をするのはやりすぎです。

 

過剰なシャンプーは、頭皮にとって良いことではありません。

 

それは皮脂を取りすぎてしまうからです。

 

皮脂は薄毛となる原因だと言われています。それと言うのは毛穴に詰まって髪が伸びるのを妨げるとか、皮脂の雑菌が繁殖して炎症の原因となると言われているからです。

 

ところが皮脂は髪にとって無駄なものではありません。

 

皮脂は頭皮を様々な刺激から守る役割を持っているのです。

 

これは非常に重要な役割です。頭皮が刺激を受けすぎると髪が抜ける原因にもなります。

 

シャンプーを過剰に繰り返すのは必要な皮脂を根こそぎ取り除いてしまうことになります。

 

その結果、外からの刺激に直接さらされる環境になってしまいます。

 

さらに過剰にシャンプーをして皮脂が少ない状態になると、防御反応として皮脂を分泌します。

 

シャンプーをしてさっぱりしたはずなのに、髪のベタつきが強くなってしまうこともあるのです。

 

つまり皮脂を増やしてしまうことになりかねません。皮脂が多いと薄毛の危険が増えますので、逆効果です。

 

シャンプーは1日1回で十分です。

 

ただし、シャンプーには髪の汚れを主眼に置いていて、頭皮に優しくないものもあります。できるだけ、頭皮の状態を良くすることを主眼とした商品を選ぶようにしましょう。