頭頂部の薄毛

MENU

指摘されて分かる頭頂部の薄毛は危険

頭頂部の薄毛は気になる

頭頂部の髪の密度が低いと感じたら、薄毛の可能性があります。頭頂部から始まる薄毛として考えられるのがAGA(男性型脱毛症)で、最も多い薄毛の症状だと言われています。

 

AGAはテストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼ(酵素)が結合することによってできるジヒドロテストステロン(男性ホルモン)が、毛の毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合することで発症するとされています。

 

AGAの発症の元となる男性ホルモンは人間の体内に必ず存在していますが、発症しやすい人には5αリダクターゼ(酵素)の働きが活発であったり、アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)の感受性が高いなどの条件が見られます。

 

これらは遺伝によって引き継がれますので、もしも親族に頭頂部の髪が薄い人がいるのであれば、薄毛になりやすい体質を持っている可能性があるので注意した方が良いでしょう。もちろん、遺伝だけが発症の原因ではありません。ストレスや食生活の乱れ、喫煙、運動不足、睡眠不足などもAGAの原因の1つと考えられています。

 

AGAは放置しておくと進行していきますので、頭頂部の髪が薄くなってきたと感じたら早めに対処する必要があります。市販のAGAに効果のある育毛剤を使用しても良いですが、確実に治療したいのであれば専門のクリニックへの受診をおすすめします。

 

クリニックではAGAの進行を抑える薬や毛の細胞を活発にさせる薬をしたりと症状の進行具合に合わせた治療を行います。こうした薬などによる治療も大切ですが、頭皮環境が悪化したままだと治療の効果が薄れてしまいます。バランスの良い食事や5時間以上の睡眠を心がけるなど生活習慣を少しずつ改善していきましょう。