薄毛と運動

MENU

運動が育毛や発毛に与える影響とは

運動する男性たち

運動をすることで薄毛対策になると言われています。その理由は運動が頭皮をはじめ、人体に於いて好影響をもたらすからですが、効果の一つとしてまず血流の促進が挙げられます。

 

血流が悪くなると毛根の活動まで低下してしまいますので丈夫な毛髪が育ち難くなるのは必然です。特に身体を動かす習慣が少ないと血流の悪さが慢性化してしまいます。

 

しかし運動を行う習慣を持つことによって血流の悪さを改善することができますし、結果的に育毛や発毛にも好影響を与えることができるのです。ただし、ウォーキングやジョギングなどのような有酸素運動だったり、日々の習慣として行うようにしないとあまり効果は得られませんので注意しましょう。

 

運動をすることで汗を出すことができますが、これもまた薄毛リスクを下げる為に有効です。頭皮には皮脂や汗、整髪料などの老廃物が付着しており、こうした汚れが毛穴を塞いでしまうと抜け毛の発生原因になると言われています。そこで対策として良いとされているのが運動ですが、汗を流すことで毛穴の詰まりも解消することができますから健全な頭皮環境を作り出すことができるのです。

 

ストレスの解消になるのも運動の良いところと言えます。よくストレスは薄毛の原因になると言われていますが、それはストレスを感じると筋肉が硬くなって血流が悪くなったり、自律神経のバランスが崩れて頭皮環境が悪くなってしまうからです。

 

しかし適度に身体を動かす習慣を持つことでリフレッシュ効果を得られますし、精神のバランスを整えることができます。フラットな気持ちを作ることによって薄毛リスクも軽減されますから、ストレス対策として運動が最適であり髪の毛の為にも取り入れてみると良いでしょう。