薄毛と治し方

MENU

普段摂取している栄養が髪に影響を与える

肉と栄養と薄毛

薄毛対策の際には自身が普段摂取している栄養についてもチェックをしなくてはなりません。
人の体は摂取した栄養から構成されているのですから、栄養不足が引き起こされればそれだけ薄毛にもなりやすくなってしまいます。

 

ではどういった栄養に着目をするべきかというところで、まず最初に出るのがタンパク質です。
タンパク質は人の筋肉や皮膚を構成する基本中の基本の栄養素であり、髪の毛の99%はタンパク質から構成されています。

 

ファストフードなどで食事のバランスが偏ってしまうとタンパク質の不足もまねかれやすいため、タンパク質を多く含む肉や魚、大豆製品をしっかり食べるのが薄毛対策の第一歩です。

 

次にチェックしたいのがビタミン類、特にビタミンEです。
ナッツ類や植物油に多く含まれるビタミンEは抗酸化作用と抗炎症作用、そして血行促進作用を有しているため健康な髪の毛を育てるということでは特に重要な物となっています。

 

加えてビタミン類としてはビタミンAやビタミンB群、ビオチンなども重要な物となっていますので、意識して摂取していくようにしましょう。
またこれらの成分とは別に、サプリメントなどで補充するようにしたいのが亜鉛です。

 

亜鉛は「育毛の栄養素」と呼ばれることもあるほど育毛と密接にかかわっており、タンパク質の吸収促進やAGAの原因となる5aリダクターゼという酵素の働きを抑え込む作用があります。

 

5aリダクターゼは特に男性の薄毛であるAGAの大きな原因となっていますので、男性の場合は特に亜鉛不足にならないように摂取していかなくてはなりません。

 

どれだけ高額な育毛用品を使おうと、結局新しい髪の毛を作る栄養素が無ければ意味は無いのですから、薄毛治療の際にはまず自身の栄養バランスを見直すようにしましょう。