薄毛と紫外線

MENU

頭皮の環境を悪化させる紫外線

薄毛に直射する紫外線

髪が抜けやすくなる、また薄毛が進行してしまう原因は様々です。
その1つとして挙げられるのが「紫外線によるダメージ」です。

 

頭皮は体の一番上にある皮膚ですので、日光を1番浴びやすいといっても過言ではありません。
紫外線のダメージは思っている以上に大きく、長時間浴び続けてしまうと、皮膚は軽い火傷のような状態になります。

 

頭皮の環境が悪化してしまう為、髪が抜けやすくなるのです。
また、バリア機能を担っている頭皮の皮脂が酸化し、毛穴にもダメージが加わる事から、さらに薄毛は進行してしまいます。

 

ですので、薄毛を予防するのであれば、帽子をかぶるなどして紫外線対策を十分に行いましょう。
ただ、「帽子をかぶる人はハゲやすい」という、ウワサがあるのも事実です。

 

帽子をかぶる事によって、髪は抜けやすくなるのでしょうか。
帽子を購入する際、デザインだけで選んでしまうと、自分の頭に合っていないサイズの帽子を、手に取ってしまう事があります。

 

きつすぎる帽子は頭皮の血行を悪化させる原因です。
頭皮の血流が悪くなると、毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛を引き起す要因となります。

 

また夏場、帽子をかぶると蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい状態です。
雑菌の繁殖も頭皮環境を悪くし、薄毛となる原因の1つです。

 

このように、帽子をかぶる事によっては薄毛を招いてしまう恐れがあります。
紫外線対策の為に帽子をかぶって、薄毛を引き起こしてしまっては本末転倒です。

 

ただ、やはり紫外線によるダメージも気になります。
薄毛予防の為に帽子をかぶる際は、サイズには注意しましょう。

 

また夏場は通気性の良い帽子を選ぶ事で、雑菌の繁殖を抑えられるのでおすすめです。

 

でも、かぶりすぎると・・・・
いつも帽子をかぶっていると薄毛になる?