薄毛と帽子

MENU

帽子は蒸れるから薄毛になりそうですが・・・

薄毛を気にして帽子をかぶった男性

帽子をかぶることで薄毛になると言われていますが、良くないとされる理由は頭皮環境が悪くなってしまう原因になるからです。特に長時間被っていると熱が籠ってしまいますので頭皮が蒸れてしまいます。

 

そして汗に含まれる塩分や皮脂によって毛穴が塞がれてしまいますし、雑菌も繁殖し易くなって抜け毛を発生させ易くするのです。

 

ただし、その日の内にしっかりと汚れを落とすように心掛けばそれほど問題になることはありません。問題なのは頭皮の汚れを放置してしまうことであり、きちんとシャンプーをして頭皮をケアすれば薄毛リスクを軽減することができます。

 

帽子が良くないと言われるもう一つの理由に血流を悪くする恐れがあるからです。サイズが合っておらずきつい帽子を被っている場合、頭皮が締め付けられる状態になりますが、それによって血流が悪くなると毛根に栄養や酸素が行き届き難くなってしまいます。特に頭皮は毛細血管が沢山あるところですので圧迫されると影響を受け易く、薄毛リスクを高める大きな要因になってしまうのです。

 

その為、帽子をかぶる時には窮屈なサイズの物は避けるようにした方が良いですし、できるだけゆとりのあるサイズを選ぶようにした方が良いでしょう。
使い方を誤ってしまうと薄毛リスクを高める原因になる帽子ですが、しかし正しく活用すれば反対に薄毛予防に役立ちます。

 

薄毛の一つの原因になると言われているのが紫外線であり、毛根を傷付けてしまうと言われています。しかし帽子をかぶればガードすることができますので薄毛予防になりますし、むしろかぶった方が頭皮には良かったりもするのです。

 

要は使い方が大事であり、頭皮に良くないかぶり方ですと薄毛リスクを高めますが、注意点を守って使用すれば役立つアイテムとも言えるでしょう。