薄毛 原因

MENU

AGAを発症する物質です

ミノキジジルの利用

薄毛の原因はいくつかあります。

 

その中で男性ホルモンが元になって徐々に髪の密度が低くなっていくのがAGAです。

 

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が「毛根が発毛シグナルを出す」のを阻害する症状です。

 

発毛シグナルが少なくなると髪が成長しにくくなります。また成長する期間も短くなり、本来の太さになる前に髪が抜け落ちてしまいます。

 

何度か周期を重ねる毎に髪が細くなり、見た目も薄毛が目立つようになります。

 

 

DHTが生成されるメカニズム

幾種類かある男性ホルモンの中で多勢を占めるのがテストステロンです。男性ホルモンと呼ばれていますが、女性もこのホルモンを持っています。

 

このテストステロンは強い筋肉やヒゲなど男性らしい体を作るのに必要なホルモンです。またやる気を維持したりなど、心に関する作用もあります。

 

テストステロンが減少すると「やる気が出ない」「だるい」などの症状になりやすく、生活する上でとても重要な物質です。

 

このように無くてなならないテストステロンですが、薄毛に結びつくケースがあります。

 

それがDHTへと変換されるケースです。

 

といっても、単体でDHTへと変化するのではなく還元酵素である5αリダクターゼと結びつくことで変化します。

 

極論を言えばテストステロンを体の中に持っていなければAGAにならないのですが、体や心の不調をもたらしてしまいます。

 

男性ホルモンがあると誰でも薄毛になる?

薄毛の原因

テストステロンは人の体と心にとって不可欠なホルモンで、誰でも持っています。

 

その為、誰でも薄毛になるのかと言えば、そんなことはないですよね。

 

薄毛に悩む人は同年代で薄毛になっていない人を良く見ているので分かります。

 

「どうして俺だけ?」と感じています。

 

 

同じホルモンを持っていながら薄毛になる人とならない人がいるのは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化しやすい体質かどうかなのです。

 

薄毛は遺伝すると言われるのは、この体質を受け継ぎやすいからなんですね。

DHTへの変化を阻害する薬

AGAの原因がDHTであることが研究で解明された後に、DHTへの変化を阻害する薬が開発されました。

 

その薬はAGAの治療薬として使用されており、フィナステリドという成分を配合しています。

 

DHTへの変化の阻害の仕組みは、5αリダクターゼの分泌を減少させることで結果的にテストステロンと結びつく量を減らすというものです。

 

髪の成長を妨げる物質が減ることで、次第に髪の量が元の状態に戻ります。

 

AGAの原因であるDHTを減らす治療薬を飲むことで、薄毛を治療することができます。

 

治療薬を手に入れるには医師の処方が必要です。

 

近くの内科医などで用意してある事を多いので、電話などで聞いて見るといいでしょう。

 

ただし、治療薬のみで髪の発毛サイクルを正常な状態の戻すにはとても長い期間を必要とします。効果が無いと判断して途中で止めてしまう人も多いようです。

 

その為早期の発毛を希望するなら、AGA治療専門のクリニックを受診することをおすすめします。

 

多くの内科医は治療薬を処方するのみで、それ以上の処置をすることができません。

 

専門クリニックは発毛を促す施術や発毛しやすい生活習慣へにアドバイスなど、薄毛改善の為に最善の手助けをしてくれます。

 

薄毛が初期段階なら治療薬の処方のみでも大丈夫ですので、一度カウンセリングを受けるようにしてください。

薄毛の原因を初回カウンセリング無料のクリニックで検査してもらいましょう。
原因がはっきりしないと薄毛の治し方を判断できません。