AGA治療 薬

MENU

フィナステリドとミノキシジル

AGAの治療方としては一般的に、内服薬と外用薬の2種類を使うとされています。

 

まずは内服薬についてですが抜け毛の発症ともされているAGAは、男性ホルモンの影響が1番大きいとされていて、病院やクリニックでの治療としては有効成分であるフィナステリドが含まれている薬剤が処方されることが多いでしょう。

 

フィナステリドの成分の中には、抜け毛の原因とされている男性ホルモンの量を抑制させる効果や、AGAによっておこる脱毛予防に効果があります。

 

次に外用薬についてですが、主に有効成分である「ミノキシジル」が含まれているものが処方されます。

 

ミノキシジルは直接、頭皮に塗布することで毛細血管を拡張させ細胞の活性化を促す効果が期待できます。

 

もしも万が一、外用薬や内服薬の2種類では効果が見られなかった場合には、最終的な治療法として発毛注射を行う場合があります。

 

注射には、どんな成分が配合されているのかというと、外用薬に使用されるミノキシジル配合そして内服薬に使用されるフィナステリド配合、そしてその他にアミノ酸、プラセンタなどの発毛にとても有効的な成分がぎゅぎゅっと詰まっている薬剤、それが発毛注射治療なのです。

 

この薬剤は内服や外用とは違い直接、頭皮に注入することで発毛効果が期待できます。

 

気になる注射時の痛みですがほとんど痛みがないのが特徴です。

 

こちらの治療法は病院はクリニックにて専門のお医者さんにしてもらうのですがメリットとして1回の注射だけでも発毛に有効な成分を直接頭皮に注入、そして吸収率がとても高いということです。

 

またHARG治療という方法もあるのですが、こちらは注射の成分の中に成長因子が含まれているので比較的、細胞の活性が高い若い男性のほうが毛髪を作る細胞に直接働きかけやすく薄毛改善を促進させる再生医療方です。

 

また、どんな治療法にも言える事なのですが早く症状に気づいた場合はすぐ病院などに行き受診をして治療したほうが効果の現れも早いと見込まれます。

 

しかし、その分..デメリットもあるのですが注射治療を1回につき約7万円〜9万円と高めなので金銭的に費用がかかってしまうのが難点かもしれません。

 

そして、最後に内服薬「フィナステリド」を使用する際に注意が必要なので是非読んでおきましょう。

 

それは、こちらを服用できるのは男性のみということです。

 

女性、又はお子さんが使うことは禁忌されているので女性の方はちゃんと注意事項を読んで使用しないよう気を付けてください。

 

中でも、妊婦の女性が間違って服用した場合、お腹の中にいる赤ちゃんに悪影響を与えたり産まれた後の発育にとても悪い影響に及ぼすことがあるので服用しないようにしましょう。