薄毛と太りすぎ

MENU

メタボと薄毛にどんな関係があるのか

太りすぎです

薄毛になりやすい体質は遺伝しやすいと言われていますが、その他にも薄毛になる原因があります。

 

その一つが太りすぎ(メタボ)です。

 

痩せている人と太っている人、どちらが薄毛のイメージが強いかというと、太っている方だと答える人が多いですが、これは誤った認識だという事はできません。

 

その一例として太っている人にありがちな症状の高血圧です。

 

高血圧は塩分の摂りすぎが主な原因ですが、体の脂肪が増えすぎる事で血管が圧迫されて血の流れが悪くなることも原因の一つです。

 

毛髪が成長する為には十分な栄養が必用ですが、血管が圧迫されることで血の流れが悪くなると、血液と共に供給される栄養が頭皮へと行きわたらなくなります。

 

これにより髪が十分に育たなくなったり、抜け落ちるなどの症状が現れます。

 

つまり太りすぎも薄毛の原因と言えるでしょう。

 

男性ホルモンも薄毛の原因ですが、太りすぎにより過剰に分泌される可能性があります。

 

太りすぎることでホルモンバランスが崩れるためです。

 

男性ホルモンによる薄毛はAGAと呼ばれますが、運動をすることで男性ホルモンの分泌を抑えることができます。

 

太りすぎるということは、運動をあまりしていないことがほとんどです。

 

この場合太ることが薄毛の原因と言うより、定期的に運動して痩せているのが薄毛予防になると言う方がしっくりくるかもしれません。

 

どちらにしろ、太っていることと薄毛には因果関係があるようです。

 

過剰な食事は控え、軽い運動をして太りすぎを解消しましょう。